きれいな空気を求めてー地球横断中💋

きれいな空気を探して、地球上を彷徨中。真の健やかさとは?真の豊かさとは?について、感じることを、徒然なるままに綴っています。

エミレーツ航空のメリット、デメリット

今回、ドバイで開催される、とあるワークショップに参加するため、初めて、エミレーツ航空に乗りました。欧州系航空会社の利用も考えましたが、乗り換えが面倒だったからです。

 

用事でもない限り、一生、ドバイを訪れることも、エミレーツ航空を利用することもなかったと思います。そこで、何事も経験、ということで、エミレーツ航空を試してみることにしました。

 

今回は、エミレーツ航空を利用した私の感想を書きます。

 

 

f:id:ArielinTransit:20200112214517j:plain

ドバイ国際空港、到着ゲートエリア

 

f:id:ArielinTransit:20200112210951j:plain

エミレーツ航空

 

 

エミレーツ航空を利用するメリット

 

 

1. 時差がきつくない

 

今回は、23時成田発、現地時間、翌日、朝6時着予定 (実際は1時間、遅延)の便でした。

 

ですので、ドバイが最終目的地の場合、機内で寝られれば、現地時間朝6〜7時に到着するので、自然と現地時間に調整されます。

 

乗り換え便で、欧州、中近東の別の目的地へ向かうにしても、やはり、成田-ドバイ間の機内で眠れていれば、概ね、時差なしで現地時間に適応できると思います。

 

 

 

2. A380(機体が大きい)なので、エコノミーでも広々としていて、過ごしやすい

 

通常、機体の前方からファーストクラス、ビジネスクラス、エコノミーと続きますが、今回のエミレーツ便の場合、機体前方がエコノミー、後方、アッパーデッキがビジネス、ファーストでした。

 

私は、今回は、エコノミープラスでしたが、幸い満席ではなく、三席一人で使用することができたので、横になることができ、低周波振動音を浴び、断眠を強いられる東京のホテルの部屋と違って、爆睡できました😉🥺

 

 

f:id:ArielinTransit:20200112211106j:plain

満席でなかったので、三席一人で使えました

f:id:ArielinTransit:20200112211256j:plain

前の席からの香害も、前の席に、毛布を二重に被せ、隙間を埋めることで、ブロックできました

f:id:ArielinTransit:20200112212428j:plain

夜間、照明が落ちている時は、天窓かと錯覚するような、星空の映像が天井に



 

3. Wi-Fi無料サービス

 

使用開始から2時間、20MB分、ネットサーフィンが無料、またはWhatsApp、iMessage、FacebookメッセンジャーViberチャットまたはWeChatアプリで無制限にテキストメッセージができます。

 

もちろん追加料金を払えば、より長く、より大容量での通信が可能です。

 

私は、眠りながら、音楽を聴いていただけで、Wi-Fiは使いませんでしたが、入国審査時に、全ての入国者に対して、無料でSIMカードを配布してくれる国の航空会社だけあると思いました。

 

f:id:ArielinTransit:20200112211604j:plain

入国審査官から手渡される無料SIMカード

 

 

f:id:ArielinTransit:20200112211455j:plain

入国審査官から手渡される無料SIMカード

4. 機内エンターテインメントの使い勝手がよく、内容が充実している

 

40か国語超の言語に対応していて、 2500を超えるチャネルがあり、驚きのエンターテインメント・システムでした!

 

私は、機内では、大抵クラッシックを聴いて過ごしますが、日系航空会社だと、有名どころ、無難な選曲で、少なく物足りないのに対し、エミレーツ航空は、クラシックだけでなく、あらゆるジャンルの曲が充実していました。

 

・イギリス、チャートNo.1ヒット、

・アーチストプレイリスト、

・NOWプレイリスト、

・Deezerプレイリスト、

・グローバルプレイリスト、

・最新リリース、エッセンシャル・アルバム、

・ボックスセット(AC/DCビートルズ、ボウィー、レッドゼッペリン、マドンナ、ストーンズ、ヘンドリックス、ディラン)

 

などなどの他、

 

スウェーデンデンマークポーランド、インド、アラブ、バングラデッシュ、などなど様々な国の音楽もあり、巨大なジュークボックスみたいで、びっくりでした‼️

 

 

 

 

 

パッヘルベルのカノン~バロック名曲集

パッヘルベルのカノン~バロック名曲集

 

 

 

 

 

クラシックも、古楽から、ルネサンスバロック、古典派、ロマン派、など充実しています。

私は、古楽バロック音楽をこよなく愛しているですが、他の航空会社でも聴けるバッハや、ヘンデルの有名どころだけでなく、モンテベルディ、パーセルテルマン、ヴィバルディ、スカルラッティも聴け、しかも、各作曲家の曲数もかなり充実していました!

 

さらには、各作曲家の、詳しいバイオグラフィーや、音楽史のおける位置づけ・貢献などについての解説もあり、バロックづくしの至福な12時間でした💖♬♫🎶 

 

フライト時間中に、聴毛なかった曲も多く、もっと乗っていたかった程でした😊

 

f:id:ArielinTransit:20200112211926j:plain

古楽バロック好きには堪らないラインナップ

 

f:id:ArielinTransit:20200112212033j:plain

古楽バロック好きには堪らないラインナップ

 

f:id:ArielinTransit:20200112212242j:plain

作曲家のバイオグラフィー音楽史における位置づけを詳しく解説

 

映画は、観ませんでしたが、映画のラインアップも、かなり充実しています。 映画好きの方も、十二分に満足できると思いました。

 

 

5. 過不足のないサービス

 

クルーたちは、物静かな感じ、物腰が柔らかでありながら、エキゾチックで、素敵でした。

 

また、サービスも、わたし的には、淡白すぎず、過剰サービスすぎず、付かず離れず、でも、真心こもったサービスで、大変満足しました。日系航空会社に、是非参考にしてもらいたい、と思うほどでした。

 

 

 

 

サイレンシア レギュラー バリューパック 10ペア入
 

 

 

エミレーツ航空を利用するデメリット

 

1. お手拭きの香りが、中東独特で、強い

 

機内食に添えられていたお手拭きは、いかにも、中東…と感じられる香りがしました。化学物質過敏症持ちには、この点が、デメリットのように感じられました。

 

が、それでも、通路を挟んだ斜め後ろや、斜め前の席の、日本人搭乗者の柔軟剤やハンドクリームのニオイに比べれば、不快ではありませんでしたし、頭痛がしたり、喉が痛くなるようなことは、ありませんでした。

 

機内も、東南アジア系の航空会社のように、全体的に香りが漂っている…ということも、ありませんでした。

 

 

2. 中東ならでは?の香水?をつけているクルーがちらほら

 

私が着席していたコンパートメントでは、約1名、男性の上位職と思われるクルーが、結構強烈な香りを放っていました。

 

クルーに限らず、現地人たちは、女性より、男性のほうが、香水をつけている場合、強烈な印象でした。それでも、日本製の柔軟剤やヘアースプレーに比べれば、打撃度は、低かったです。

 

 

 

 

3. 成田発の場合、エミレーツ航空は第2ターミナルで、第1ターミナルに比べて、店舗や品揃えが少ない

 

久々の海外渡航で、免税店で買いたかったものが何点がありましたが、全て、第1ターミナルでしか、手に入らないことが判明。残念でした。

 

まあ、これはエミレーツ航空が悪いのではありませんが。エミレーツ航空に限らず、第2ターミナルから離発着する航空会社全てに言えることなのですが💦

 

 

 

まとめ

 

f:id:ArielinTransit:20200112213415j:plain

ドバイ国際空港

 

というわけで、メリットの方が、デメリットを上回る結果となりました。

 

もっとも、メリット、デメリットも、搭乗する便の仕様、クルーの編成、混み具合によっても、すなわち、香害の多寡によっても、変わると思いますので、あくまで、今回の私の体験に基づいての、独断と偏見の評価になりますので、ご了承願います。

 

行先、旅程にもよるかと思いますが、機内空間の快適度、音楽のセレクションのこだわりに重きを置くのであれば、エミレーツ航空は、試してみる価値があると思います。

 

ちなみに、コペンハーゲンや、オスロレイキャビクヘルシンキなど、北欧の国際空港と同様、ドバイ空港も、利用者が、静かに快適に過ごせるように、フライトに関するアナウンスはありません

 

f:id:ArielinTransit:20200112213522j:plain

到着ロビー・ターンテーブルエリア

f:id:ArielinTransit:20200112213659j:plain

ドバイ国際空港、到着ロビー・ターンテーブルエリア



 

そして、実際、デパートやゲームセンターよろしく、常にアナウンスや騒音で溢れている日本の空港とは、対照的で、実に静かで、実に快適でした。広々としていて、天井も高く、変なケミカルのニオイもしませんでした。

 

改めて、空港のアナウンスの有無と、国の成熟度、国民の民度の低高は相関関係があるように思いました。

海外格安航空券の専門店W.A.S.ワールドエアシステム