きれいな空気を求めてー地球横断中💋

きれいな空気を探して、地球上を彷徨中。真の健やかさとは?真の豊かさとは?について、感じることを、徒然なるままに綴っています。

自律神経が元気なら、冬も風邪知らず

つい最近まで、真夏日が続いていましたが、今日の東京は、最低気温が1.6℃。ようやく、冬らしくなってきました。
急激な気温の変化と、室内や、駅構内の、過度ともいえる暖房とで、身体も驚いてしまい、風邪をひきやすい季節とも、言えますね。


昨今では、利便性が高い、エアコンや床暖房などに頼りがちです。が、そうすると、ヌクヌク、ほっこりしてしまって、ついつい出不精になったり、運動不足になったりします。すると、自律神経の出番がなくなり、にぶってきます。すると、免疫力が弱った時に、日和見菌たちが、ここぞ!ばかりに、体内に入り込んできて、暴れ出してしまいます。


普段から、自律神経を鍛え、免疫力があれば、日和見菌も、放っておいてくれます。そのためには、自律神経を定期的に動かすことです。体力をつけるために、定期的に筋トレ、運動するのと同じです。何事も、使わず、動かずにいると、鈍ったり、錆びたりしてきます。



では、具体的に、何をすればよいのでしょうか?




エアコンをつける代わりに、 もう一枚羽織る


f:id:ArielinTransit:20191129161550j:plain
寒ければ、羽織る、が基本。


寒ければ、もう一枚羽織る、暑くなったら、一枚脱ぐのが、一番原始的で、自然に適った体温調節法だと思います。


昔、エアコンではなく、電気ストーブや、ガスストーブが主流だった頃、小学生は、真冬でも、短パン🩳はいて、鼻水垂らしつつ、元気に走り回っていましたよね。皮膚が、冷気に直接触れると、皮膚の抵抗力もつきますし、体温を上げようと、自律神経がよく働きます。


歩く、運動する

f:id:ArielinTransit:20191129161216j:plain
寒中運動は、気持ちいい


部屋で、じっとしていると、末端が冷えてきたりませんか?寒い、外へ行きたくない、と感じる時こそ、逆に、暖かいダウンでも着て、外へ出て、10分でも15分でも、速歩きすることをオススメします。


歩き始め、指先も凍え、顔や耳もかじかむように感じます。が、しばらく歩いていると、全身の血行が良くなり、芯が温まってきます。20〜30分歩き続ければ、すっかり温まるどころか、汗ばんできます。


これを、毎日でなくでなくても、続けていくと、室内で、じっとしている時でも、自律神経が自動的に、働いてくれ、体温を上げようとしてくれるので、冷え性が治まってきます。その上、人工的に暖められている部屋が、不快になってきたります。


私は、昔から、冬でも、毎日最低30分は歩きますので、暖房が26℃くらいに設定されているオフィスに入ると、途端に気持ち悪くなります。自宅、ホテルでもエアコンヒーターは一切入れませんが、インフルエンザにかかった事は一度もありません。


温冷浴をする


f:id:ArielinTransit:20191129160930j:plain
冷水を浴びて、すっきり!


シャワーだけで済まず、冬は、お風呂🛁にお湯を張り、ゆっくり浸かって身体を温めると、リラックスしますし、芯まで温まりますね。でも、そのまま上がってしまえば、毛穴が開きっぱなしで、逆に体温が逃げやすくなり、またすぐに冷えてしまいます。


ですから、上がった後も、ポカポカでいるために、お湯に十分に浸かって、芯まで温まった後、上がる前に、1分、冷水を浴びるのです。心臓から遠い箇所、右足、左足、右手、左手…と言った具合に、徐々に心臓に向けて、表側、裏側まんべんなく、冷水をかけていきます。


せっかく温まったのに、なんでそんな水を差すようなことをするの?!と思われるかもしれません。でも、実際、やってみてください。浴びている最中は、修行のように感じられるかもですが、上がって、タオルで拭き、パジャマを着てみると、ポカポカしているはずです。毛穴がしっかり閉じて、体温が逃げないからです。


最初、慣れない頃は、とんでもない…と、サボりたくなるものですが、エイヤー、と潔く浴びていると、病みつきになってくると思います。


慣れてきたら、よーく温まった後、冷水(5℃くらい)、温水(38〜40℃)とを、交互に浴びます。1分冷水を浴びたら、温水に1分浸かる、を何セットか繰り返し、締めは、必ず、冷水1分です。


温水で、副交感神経を活性化させ、次に、冷水を浴びて、交感神経を目覚ませるのです。これを交互に行えば、覚醒、活動をつかどさる交感神経と、リラックス、休養をつかさどる副交感神経とのバランスが取れます。


私は、これを15年程続けていますので、エアコンヒーターも一切入れませんが、冷え性とは無縁で、インフルエンザ予防接種を受けてこともないですし、実際、インフルエンザにかかったこともありません。



f:id:ArielinTransit:20191129161016j:plain


まとめ


寒ければ、着る、動く。免疫力をつけるためにも、自律神経を鍛えてる。そのために、敢えて温冷浴をし、筋トレするように、神経も鍛える。これで、風邪知らずです。



jp.iherb.com


jp.iherb.com


jp.iherb.com


jp.iherb.com


jp.iherb.com


blog.noriko4norway.com
blog.noriko4norway.com