きれいな空気を求めてー地球横断中💋

訪れた世界各地でのグルメ・ホテル・体験について、英語・英語学習について、主に書いています。

世にも珍奇な、英語標識 その4

こんばんは。エリアルです。




連日猛暑ですが、今日は、東京は一時雨が降り、少しは涼しく感じられました。といっても、33-34°でしたが。




そんな中、ホームレス、ホテル滞在が続き、ここはどこ?私は誰??何月何日???・・・な日々です。




さて、本日は、「世にも珍奇な、英語標識」シリーズ、第四弾に行ってみたいと思います。




NOPAKING



f:id:ArielinTransit:20190812232328j:plain



巷にあふれかえる、豆鉄砲を食らった鳩のような顔をせざるを得ないような・・・





空いた口がポカーンと開いたまま、意識しないと戻らないような、・・・





そんな標識について、ブログで書き始めたら、一読者の方から、こんなのがあった、とお知らせいただきました。





それが、この、必殺、"NOPAKING"





はあ~・・・・・・・・・・・・・????





この表札?標識??を、最初に見て、思い浮かんだのは、「・・・・(沈黙)・・・・」





次に、脳裏によぎったのは、駐日外国人一家の、「氏」???





いやいや、でも、デザインや、掲げられている箇所、位置からして、どうも、苗字でもなさそう・・・





見れば見るほど、謎が深まるばかり。





ひょっとして、「非北京」とか、お店の名前・・・??? それにしても北京なら、PAKING でなく、PEKINGだし。





それに、店の名前を、ガラス引き戸の、ちょうど真ん中あたりに、油性ペンで紙に書き、セロハンテープで貼るなんて、あまりにも迂闊すぎる。





う~ん、う~ん・・・





普段なら、どんなに個性的で、クリエイティブな和製英語でも、たいてい、何となく、言わんとしていることを想像できるのですが・・・。





今回ばかりは、まったく見当もつかず、かなりの間、ウンウンうなり続けてしまいました。





しばらくして、・・・ひょっとして、、、もしや・・・と、思いついたのが、





f:id:ArielinTransit:20190812234441j:plain
Bikkuri!!!





駐車禁止」、"NO PARKING" を意図していたのでは???





そうでないことを、願いたいところですが、それ以外、ほかに、思い浮かびません。





万が一、駐車禁止の意味で、このサインが貼付されているのだとしたら・・・





くらくらめまいがしてしまいました。





Lemonade (レモネード)が、突然変異して、「ラムネ」になったくらいの飛躍に感じられました。





それは、さておき、もし、万が一、「駐車禁止」を意図していたのであれば・・・





まず、「駐車」は PAKING ではなく、PARKING ですよね。





加えて、NO と PARKING は独立した単語ですので、1スペース開ける・・・というのは、基本中の基本。





あまりにも基本すぎるので、あえて何か深い意味があるに違いない・・・??? とか、深読みしてしまい、後味が悪いまま、謎が解けません。





もし、他の解釈を思いつかれた方がいらっしゃいましたら、是非コメント頂ければ、うれしいです。





ジャパンタイムズに、日本の中学生の、英会話、英作文力の低さについての記事が掲載されていました。
Nationwide test results highlight Japanese students' poor English speaking and writing skills




日本の、現行の英語教育のままでは、今後も珍奇な英語標識は、減るどころか、増えるばかりなのではないかと、推測します。





このままでは、害あって利なし、、、になり兼ねないのでは・・・と思うのは、私だけでしょうか。