きれいな空気を求めてー地球横断中💋

きれいな空気を探して、地球上を彷徨中。真の健やかさとは?真の豊かさとは?について、感じることを、徒然なるままに綴っています。

世にも珍奇な、英語標識 その3

こんにちは、エリアルです。

 

 

脳みそが溶けそうな暑さが続きますね。

 

 

一歩外に出るだけで、何パスカルあるかわからないほどの気圧と、熱につぶされそうです。

 

 

運動がてら、外を散歩しようと、外に出ても、あまりにも暑すぎて、踵を返してしまいます。

 

 

というわけで、今日は、世にも珍奇な英語標識、パート3に行ってみたいと思います。

 

 

 

  

We will cancel the following reservation. After confirming the content, please press “cancel” button if you don’t mind.

 

 

f:id:ArielinTransit:20190807164448j:image

 

 

これは、某ホテルの宿泊予約をキャンセルする際に、表示された画面です。

 

 

会員登録の際、英語にしたので、予約・変更手続き画面も、英語表示です。

 

  

うーむ…、これも、明らかに、字面だけを翻訳していますね。

 

 

一文目は、「以下の予約をキャンセルします。」という文章で、問題ないと思います。

 

 

 

ところが、二文目は… 

 

 

内容を確認後、差し支えなければ / よろしければ、キャンセルボタンを押してください

 

  

という、主旨の文章だと思います。

 

 

文法的には、”cancel” の前にtheを入れるのが正しいです。

 

 

その画面に表示されている、その「キャンセル」ボタンですから。

 

 

それ以外は、文法的に問題はないですが、if you don’t mindというフレーズが、文脈に合っていません。

 

 

確かに、和訳すると「差し支えなければ」「問題なければ」です。

 

 

If you don't mind

 

ところが、if you don’t mind というフレーズは、相手に対して、

 

1. 頼みごとをするとき

 

2. 失礼かもしれない、または相手のバウンダリーに踏み込む可能性がある質問をするとき

 

に、使います。

 

 

例えば、

 

・If you don’t mind, can you give me your email address?

 

(もしよろしければ、あなたのメールアドレスを教えてもらえますか。)

 

 

・If you don’t mind my asking,....

 

(差し支えなければ、お伺いしたいのですが、…」

  

といった感じです。

 

 

Mind

 

 

Mindという動詞には、「〜を嫌だと思う」、「〜が気に障る」という意味があります。

 

 

相手に迷惑、不都合、不便をかけてまで、何かをお願いする、又は質問する、と言ったニュアンスがあります。

 

 

この予約キャンセル画面の場合、ホテル側が、宿泊客に対して、ホテルの都合で、宿泊客に不便をかけて、何かをしてもらうのではなく、あくまで、宿泊客が、宿泊客の都合で、スケジュールを変更するのですから、if you don’t mindでは変です。

 

 

日本的には、「お客様の都合によるキャンセルであろうと、「神様」であるお客様に、ホームページ画面で、キャンセル手続きを行わせることは、すまないことだ」という発想もあるかもしれませんが、英語脳には、理解できない発想だと思います。

 

 

ここでは、日本語原文は「問題なければ」=「正しければ」という意味ですので、英語的発想では、確認した時点で「問題ない」=「正しい」だろう、となります。

 

 

ですから、日本語の「よろしければ」に対応する英訳は不要です。

 

 

さらに言えば、「内容を確認後」という文言すら、省いてしまっても、英語的には問題ないと思います。

 

  

というのも、キャンセルボタンと同じ画面に、キャンセルしようとしている、予約情報が表示されていますし、利用者の意思、責任で行う行為で、

 

 

英語的には、キャンセルボタンを押す前に、当然、内容を確認するであろう、という意識が働くからです。

 

  

日本は、何事に関しても、得てして、過剰サービス、過干渉ですが、文書にもそれが表れていると思います。

 

 

ですから、

 

 

Please press / tap / hit the “cancel” button (to cancel your reservation).

 

 

くらい、思いっきり断捨離して、シンプルにしてしまっても十分だと思います。( )の部分すら、カットしてしまってもいいと思います。

 

  

キャンセルするため以外に、キャンセルボタンは押さないからです。

 

 

短い文でも、文化的背景や、思考回路などの差異を踏まえて訳さないと、イミフな対訳になってしまうことともありますので、注意しましょう。

 

 

Global Step Academy【キャンペーン実施中】