きれいな空気を求めてー地球横断中💋

きれいな空気を探して、地球上を彷徨中。真の健やかさとは?真の豊かさとは?について、感じることを、徒然なるままに綴っています。

猫カフェ レイキャビク編

猫カフェ、初体験 @ レイキャビク🐾🐾🐾

 

こんにちは。

 

 

子どもの頃から、地球を駆け巡っている(?)エリアルです🌍✈️

 

 

つい、最近まで、アイスランド🇮🇸で暮らしていました。

 

人口約33万人の、北の果てのアイスランドでは、人生初めての体験を

 いくつかしました。その内の一つが、ネコカフェ・デビュー♬ です。

 

 

 今や、世界中で大人気な、猫カフェ🐾

 

 

それでも、猫好きであるにもかかわらず、なぜか、ずっと、関心がありませんでした。

 

 

閉め切った空間に、閉じ込められているネコさんたちの気持ちはいかがなものか…

 

 

とっかえひっかえ、やってくる、見知らぬ大勢の人たちの相手をさせられ、猫さんたち、ストレスがたまらないのだろうか?😔…

 

 

なんて、思ってしまって。もし、私が猫だったら、かなりストレスです。

 

 

ましてや、香水や香料をプンプン漂わせたひとが、そばに寄ってきて、撫でてくださった日には、私だったら、一目散に、逃げ出したくなります😱🏃‍♀️

 

f:id:ArielinTransit:20190627153517j:plain

荒々しくちょっかいを出してくる、ガキ大将たちはたくさんだ!と立腹、天井近くの棚へ隠遁してしまったプリンセス。

 

 

ネコカフェというと、若い女性が多いイメージがあり、若い女性といえば、香りを

纏っている可能性が高い… そんな思いから、日本では、猫カフェに入る気には

なれませんでした。

 

 

ところが、昨年、出張でオランダの、と、ある地方都市を訪れたときのことです。

 

 

業務最終日、仕事を終え、夕食を食べに、町中へ繰り出しました。煉瓦通り🧱🧱🧱で埋め尽くされている中心街に、立派な猫カフェ☕️🐈があったのです😻

   

 

f:id:ArielinTransit:20190627153916j:plain

レンガ通りを行き来する人々を眺める、猫カフェの猫さんたち

 

f:id:ArielinTransit:20190627154114j:plain
 

こんな田舎(失礼)にも、猫カフェがあるのか?!と、驚きました。

 

お店を発見したときには、既に10時を回っており、お店はしまっていましたが、

窓辺に、看板猫ちゃんたちが、目を爛々とさせながら、寝そべり、人間ウォッチング?をしていました。

 

 

通りの反対側には、バーが並んでおり、鮮やかなネオンサインが、猫カフェの窓に反射して、まぶしそうでした。

 

 

それでも、そんなことに構う様子もなく、ただただ、悠然と座っていました。

 

f:id:ArielinTransit:20190627154231j:plain


 

そんな、にゃんこたちの姿を見て、初めて、猫カフェに入ってみたい💘、という気持ちになりました。

 

レイキャビクに戻ったら、早速、行ってみよう、猫カフェ!」🐾🐾🐾

 

アイスランド🇮🇸の首都レイキャビクは、人口18万人ほどの、こじんまりした町?です。しかしながら、レイキャビクダウンタウンにも、もれなく猫カフェがあります。

 

f:id:ArielinTransit:20190701222438j:plain

 

平日の午前中、比較的空いている時間帯を狙ったところ、大正解。ほかにお客さん

は、2人しかおらず、猫ちゃんたちも、元気いっぱいでした。

 

おかげで、オールキャストで、つぎつぎと、寄ってきては、、膝の上に載ってくれた

り、すりすり身を寄せて喉を鳴らしてくれたり、おなかを見せて、ゴロンゴロンして

くれたり、遊んでくれたりしました😻

 

f:id:ArielinTransit:20190702103308j:plain

 

 このお店の猫さんたちは、飼い主さんの都合で、家族とお別れしなければならなく

なったり、もらわれてきたり、保護されてきたりした子たちが大半です。

 

 

引き取り手、里親さんも、随時募集していて、突然もらわれ、いなくなったりして、

比較的入れ替わりが激しいそうです。

 

 

ですから、なんかしらのトラウマを抱えていたり、つらい体験をした仔も、中にはい

るようで、繊細で、バウンダリー意識の強い子が比較的多いようです。

 

 

人の相手に疲れると、籐でできた、カプセル状の個室に入り、人が捌けるまで、引き

こもっている子もいます。

 

f:id:ArielinTransit:20190627155121j:plain

そっとしておいてください、ゾーン

小学生低学年くらいの、わんぱくで、やや荒々しい男の子たちがやってきて、猫さん

たちにちょっかいを出し始めると、この子もそそくさと、隠れてしまいました。当然

ですよね・・・

 

 

台風の目のような、男の子たちが帰ると、おもむろに籠の中から出てきて、そばに

寄ってきてくれ、おなかを見せてごローンと横になりました。

 

f:id:ArielinTransit:20190702103450j:plain

 

動物さんたちと一緒にいるときは、かれらの気持ちが知りたくて、コミュニケーショ

ンを試みます。

 

 

 

心を静め、丹田に意識を下していって、グラウンディングしていると、動物の気持ち

が伝わってくるようです。

 

 

 

この子とアイコンタクトをしながら、一緒にいたら、なんだかとても悲しい気持ちが

湧きあがってきて、涙が出てきました。この子の気持ちだったのでしょうか・・・そ

れか、ただ単に、自分の気持ちを投影していただけなのか…よくわかりませんが、同

調しているような感覚がありました。

 

 

 

私は、これまで会議通訳をしてきました。通訳といっても、逐次通訳と言って、発話

者の話を数センテンスに区切って、順次通訳していくタイプのものと、同時通訳と

言って、文字通り、話者が話すのと同時に訳していくタイプのものとあります。

 

 

 

そのうち、同時通訳は、発話者たちに周波数を合わせ、発話者がこれから述べようと

していることを予期しながら行いますので、チャネリングに似ています。

 

 

 

実際、日本語の発話者の発言が終わる前に、前後の文脈から、文末を予期し、英訳を

出すということもあります。

 

 

 

そんな、チャネリングにも似た、これまでの同時通訳の経験を活かし、動物たちとコ

ミュニケーションができるようになればいいなあ・・・

 

 

 

その練習のためにも、また、海外の猫カフェに入ってみようと思っています。

 

 

 

 

 

 

https://jp.iherb.com/pr/Organix-South-TheraNeem-Organix-Supercritical-Extract-of-Neem-Leaf-Immunity-and-Skin-Support-30-Softgel-Capsules/22928?rcode=ZPR951