きれいな空気を求めてー地球横断中💋

きれいな空気を探して、地球上を彷徨中。真の健やかさとは?真の豊かさとは?について、感じることを、徒然なるままに綴っています。

ポンフー島、、、とんで第13日目

最後に、ブログを書いたのは、いつだったでしょうか…

 

しばらくブランクが空いてしまいました。

 

40℃近い熱を出して寝込んだのは、6月2日の満月🌕の日。

 

 

 

普段、半年から一年に一回ほど、排毒のために、40℃近い熱を出して

 

寝込むのですが、薬など一切飲まず、ただ布団を2、3枚掛けて、温かくし、

 

一晩寝て大汗をかけば、翌日には平熱に戻り、元気になっていました。

 

 

ところが、今回は、翌日になっても、まだ38.5℃と高止まり。39℃を割ると、

 

頭が割れるような、朦朧とした感覚は、なくなりますが、中途半端な熱は、

 

だるいです。

 

 

 引き続き、一日中、横になったまま。

 

解熱のために、熱が出た日から、一切冷房を入れなかったので、午後の西日で

 

茹だるような室温になります。それは、それは、大量の汗をかきます💦

 

 

3日目には、ほぼ、平熱迄下がりましたが、今度は、部屋に横になっていると、

 

何故か、喉がイガイガ、声がガラガラ、鼻や気管が、詰まった感じがしてきます。

 

 

外の空気を吸った方が、換気され、排毒が進むだろうと、ゲストハウスの

 

外に出ると…途端に、イガイガ、ガラガラ感が消えます!😲

 

爽やかな風が吹いているからだけでは、なさそうです。

 

 

再び、ゲストハウスに一歩入ると、また、イガイガ、ガラガラ感が😷。

 

特に、畳のある、自室に入ると、てきめんです…

 

空気中に、微粒子が浮遊しているのを鼻と喉が感じます。

 

 

チェックイン時から、バスルームが俄かにカビ臭かったのが、気になりましたが、

 

どうも、寝具や畳にもダニがいたようです… いずれも、私が、最も反応する

 

アレルゲンです😰

 

 

翌日には、声がほぼ潰れ、緑色の痰が出始めました。白血球が、健闘してくれている

 

証拠です⚔️🦠。

 

 

西日や、夜の街灯の明かりが、筒抜けしてしまう程の、レースのような

 

カーテンしかつけられていなかったので、より、遮光性、遮熱性のある

 

布地のしっかりとしたカーテンに交換、又は追加をリクエストしたのは、

 

チェックインして2日後、熱を出す前でした。

 

 

「探してみるので、お待ちください」と、前向きな回答を頂いたものの、

 

数日経っても、返事を頂けないまま、耳鼻咽喉の状態がどんどん悪化…

 

 

ここでは、もうダメだ!との身体からの警告に従い、急遽、別のホテルへ

 

移動しました。

 

 

先週は、祝祭週で、どこのホテルも混み合っていて、選り取り見取りしたり、

 

普段のように、事前に部屋の臭い状況を確認させてもらう余裕もありません。

 

最初に問い合わせて、空室のあったホテルに「逃げ込み」、いや、なだれ込みました。

 

f:id:ArielinTransit:20190612130635j:plain

 

アジアのホテルのエントランスには、付き物の、芳香剤や、ミストも一切なし。

 

チェックイン後、部屋へ行き、ドアを開けた瞬間、見事に無臭で、空気中の

 

浮遊物は、一切感じられません‼️ クリーンルームグレードの空気品質に、呼吸器、

 

耳鼻咽喉系一同、大喜び😍😍😍

 

 

ホテル案内を見ると、なんと、家具、調度品、ドア、ドア枠、パネル、

 

ベッドフレーム、、、全て、徹底的に、天然の柚木製です*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

f:id:ArielinTransit:20190612123947j:plain

エレベーターホール前のインテリア

 

f:id:ArielinTransit:20190612124046j:plain

自然な光沢が美しい、天然木製インテリア

f:id:ArielinTransit:20190612124205j:plain

コクのある落ち着いた色合い、暖色系照明に癒されます

f:id:ArielinTransit:20190612124357j:plain

座席部もケミカル臭が染み込んでおらず、敷物敷かずに座れました!

f:id:ArielinTransit:20190612124525j:plain

天然木の木目の温もりが、心地よい

外から部屋に戻る度に、安心して呼吸でき、ホッとリラックス出来るホテル、

 

なんと素晴らしいのでしょう!

 

外出時に、カードキーを抜き、電源が落ちて、室温が上がっても、

 

合板ベニア板は、不在なので、溶剤、接着剤などの揮発の「き」の字も、

 

ありません、見事に無臭なのです😊💕😍

 

 

窮地に追い込まれ、火事場の馬鹿力が発揮されたというか、内なる叡智、

 

上から助けてが降りてきたのでしょう。

 

 

これまで、世界中、あちこちのホテルに泊まってきましたが、これほど、化学物質

 

のニオイがなく、空気が精妙で、居心地のよいホテルは、片手に数えるほど稀有

 

です、、というか、ダントツ一位かもしれません?!

 

 

このホテルに巡り会えたおかげで、呼吸が楽になりましたが、それでも、

 

緑色の痰がやまず、なんとか去痰しないと、復路のフライトで、航空性中耳炎🔥

 

になってしまいます。

 

仕方なく、日曜日に、現地の病院の急患で受診、案の定、気管支炎との診断。

 

去痰剤、抗ヒスタミン剤を、処方してもらってきました。

 

 

 

台湾離島に、病院はあるのだろうか、

 

後日保険で払い戻されるとはいえ、医療費はどれくらいかかるのだろう…

 

と気をもきましたが、取り越し苦労でした。

 

 

 

台湾の医療システムは、充実していて、離島でも、各地に支院があり、医療費も、

 

日本の半額くらいで済みました。台湾で受診して良かったです😉

 

 

 

いずれにせよ、高温多湿なアジアでは、化学物質臭が揮発し易く、

 

ダニ、カビが多く、化学物質過敏症アレルギー性鼻炎持ちには、やはり厳しい…

 

と再三、痛感させられました。

 

 

           

 

あなただけの特別な台湾旅行はMyTaiwanTourから!